LCCスクート、ノックエアでの『機内持ち込み手荷物』の限界に挑戦する。

これより、いざタイへ!その後、シンガポールを往復して、国内線でタイ北部のチェンマイを往復して帰国します!

LCCであるスクートの『機内持ち込み手荷物』はノートPCや手提げ袋などを含めて2個まで、サイズ54cm×38cm×23cm、合計重量10kgまで無料です。

今回はこのスクートでまずはタイへ向かいます!
25日の長旅を『受託手荷物』を購入せずにこの『機内持ち込み手荷物』だけで行きたいと思います。

 

機内持ち込み手荷物』とは機内に無料で持ち込める手荷物の事で『受託手荷物』とは違います。『受託手荷物』とは機内に持ち込まずにチェックインカウンターで預ける荷物のことです。

LCCの場合、この『受託手荷物』はまず間違いなく有料です。

 

スクートでのタイ旅行は今回で3回目になるのですが、今まで無料の『機内預け入れ手荷物』のみで行ったことはなく、今回が初めての試みです。

機内預け入れ手荷物のみで旅行することのメリットは以下。

  • 受託手荷物を購入しないのでコストが抑えられる
  • 目的地到着後、荷物の受け取りがないので時間が節約できる

 

 

そして今回、持っていく荷物がこちらです。

出発前日の計量では9.8kg!!サイズは規定ギリギリ。

果たして機内持ち込みはできるのか?

機内持ち込み手荷物の限界に挑戦しようと思います!

 

成田空港からドンムアン空港へ

 

羽田空港からいけると楽なんですけどね、今回は成田空港から出発です。

それにしても成田空港は遠いです。自宅から2時間かかります。。

 

そして成田空港からバンコクのドンムアン空港まではおよそ6時間です。

 

朝8時頃に成田空港に到着。

チェックインカウンターでチェックインを済ませます。

ここで受託手荷物はあるか聞かれますが、『ありません!』とはっきり答えます。

機内持ち込み手荷物にしては見た目結構大きめだったので重さを計られるかと思いましたが、計られることはありませんでした。

これはチェックインカウンターの従業員のさじ加減的な部分が大きいかもしれませんが、バッグはあまり厳しくないかもしれません。

 

キャリーケースだと見た目で重さがわからないので計られる可能性はあります。キャリーケースは計られてる人を見ましたので。

なので、キャリーケースの方が持ち運びが楽なのですが、機内持ち込み手荷物はバッグの方が重さを計られずに済むので有利だと思います。

それにキャリーケースだとそれだけで2kgぐらいはあるので、残り8kgしか荷物を持ち込めないですからね。

私が使っていたバッグは0.3kgなので9.7kgまで持ち込めることになりますから、やはりバッグがおすすめです。

 

約6時間後、ドンムアン空港到着です。

バンコクにはドンムアン空港のほかに新しくできたスワンナプーム国際空港があるので、ドンムアン空港は古いイメージがありますが、今やLCCの乗り入れ空港となってるので近年の利用客は多く、かなり活気を取り戻しています。

トイレもすごくきれいですよ!

 

旅はここからさらにバスで3時間かけてパタヤまで行きます。パタヤについての記事はこちら。

ドンムアン空港からパタヤまでのおすすめの行き方を紹介!

2018.09.14

パタヤの屋台からフードコートまで実際に行ってみたパタヤグルメを紹介!

2018.09.19

パタヤで実際に自分が泊ってきたホテルをまとめて紹介!

2018.09.16

 

スワンナプーム国際空港からチャンギ空港

 

旅はパタヤから戻りバンコクに一泊。

そして、いよいよシンガポールのチャンギ空港へスクートで向かいます!

 

チャンギ空港へはスワンナプーム国際空港から出発します。

スワンナプーム国際空港へはバンコク市内からエアポートレールリンクという電車があるので便利です。各駅停車でもバンコク市内から30分程度で到着します。

 

スワンナプーム国際空港は新しいので広いしきれいですね!

 

フードコートもあります。価格も60バーツ前後なのでお手頃です。

 

早速、スクートのチェックインカウンターでチェックインを済ませますが、ここでも荷物の重さを計られることはありませんでいた。

やはりバッグだと計られないのでしょうか。

しかし、事前に重量を計って10kg以下なのは確認済みなので仮に計られても問題ありません。

 

およそ2時間半後、シンガポールのチャンギ空港に無事に到着です。

チャンギ空港もすごいきれいですね。

シンガポールの象徴でもあるマーライオンもいますよ!

 

シンガポールではセントーサ島へ遊びに行き、あのマリーナベイサンズに泊まったりカジノに行ったり、さらにはマレーシアにも少し訪れました。

これらについてもまた別の記事で紹介します。

 

そしてバンコクへ戻る帰りの飛行機です。少し荷物は増えていましたが、10kgは超えてないはず。

しかし、またしても手荷物の重さを計られることはありませんでした。。

 

ドンムアン空港から国内線でチェンマイ国際空港へ

 

シンガポールからバンコクへ戻り一泊して翌日すぐにドンムアン空港から国内線でチェンマイ国際空港へ向かいます。

今回、国内線はノックエアを利用します。

 

ノックエアはタイ航空も出資するスクート系列のLCCです。タイ国内の移動にとても便利ですよ。

『ノック』とはタイ語で『鳥』という意味らしいです。

機体の先っぽがくちばしになってるのが可愛いらしいですね!

 

ただし、このノックエアは機内持ち込み手荷物が7kgまでなのです。

ただ、これは事前に知っていましたので、対策として消費できるものはすべて消費。服を重ね着して荷物の重さ極力を軽くして突破しようと考えていました。

 

しかし、どう頑張っても7kgには収まりませんでした。

もう仕方がないので、荷物をすごく軽そうに持って重さを計られないようにする作戦に変更です!

 

そして、いざチェックイン!

明らかに7kgを超えていたと思いますが、ここで手荷物の重さを計られることはありませんでした。

 

しかし、まだ安心できません。

73番ゲートからバスで飛行機まで向かうのですが、ここのゲートに計りが置いてあるのです。

もしかしたらここで計られるかもしれません。

しかし、重量超過の追加料金を少し覚悟していましたが、ここでも重さを計られることなく無事に突破できました!

 

1時間後、無事にチェンマイ国際空港に到着。

結構きれいな空港でしたよ。

 

チェンマイでは1週間ほど、バイクを借りて、お寺巡りをしたり、トラと写真を撮ったり、ナイトサファリに行ったり、サンデーマーケットなどで買い物したりして過ごしました。

これについてもまた別の記事で紹介しますね。

 

そして、買い物したりしたので荷物はさらに増えていましたが、バンコクへ戻る帰りの飛行機でも手荷物を計られることはなく無事にドンムアン空港に戻ってこれました。

やはり重さについてはバッグだと相当甘い印象です。

 

ドンムアン空港から成田空港へ

 

いよいよ旅も終わり、あとは帰国するだけ。これが最後の飛行機になります。

荷物はすでに12kgを超えていました(笑)

パソコンをバッグから出したりしてごまかしながら最後のチェックイン。

やはり手荷物の重さを計られることはありません。

深夜のドンムアン空港に別れを告げます。

 

6時間後、成田空港へ到着。。

 

まとめ

 

結局、国際線のスクート、国内線のノックエアと一度も手荷物の重さを計られることはありませんでした。

 

結論。

機内持ち込み手荷物の限界は『わからない』です。

手荷物の重量を計るかどうかはチェックインカウンターの従業員次第みたいなところがあります。

キャリーケースで重さを計っているのは何度か見ましたが、バッグであれば多少オーバーしても大丈夫そうです。

それでも、万が一、手荷物の重さを計られて重量超過ということになれば追加料金を取られるでしょうから重量超過しないように気を付けましょう。

国内線のノックエアは7kgなので少々厳しいですが、国際線のスクートであれば10kgまで大丈夫ですので機内持ち込み手荷物だけでも十分、タイ、シンガポール旅行を満喫できると思います。

 

ポイントは

  • 最大重量10kgのスクートを利用する。
  • キャリーケースではなくバッグを使用する。
  • バッグは重くても軽そうに見えるように持つ。
  • 行きよりも帰りの方が荷物は重くなる。。ので行きは少し余裕をもって!

です。

 

それでは、みなさんもタイ、シンガポール旅行をぜひ『機内持ち込み手荷物』のみで楽しんでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です