実際に行ったチェンマイグルメを紹介!名物カオソーイやガイヤーンの名店からカフェまでとてもおすすめ!

チェンマイは首都バンコクから北へ約700km離れたタイ第2の観光都市であり、北方のバラともいわれる美しい都です。

そんなチェンマイには名物のカオソーイのお店やおしゃれなカフェなどがたくさんあります。チェンマイで食べるカオソーイはめちゃおいしいですし、名店はたくさんあるとは思いますが、すべてを食べるのは大変ですよね?

そこで今回は実際に行ってきたカオソーイのお店やカフェを紹介しますので、もしお店選びに悩んだ際にはぜひ参考にしてみてください。

 

カオソーイニンマン(Kao Soy Nimman)

ファラケーオ通りから少し入ったところにあるカオソーイの有名店です。

こちらの記事で紹介したホテルからとても近い場所にあります。

チェンマイで実際に自分が泊ってきたホテルをまとめて紹介!①

2018.09.25

結構人気店のようでランチタイムなど時間帯によってはかなり混んでいて並ぶこともあるようですね。開放感のあるテラス席と屋内の席とあります。

メニューはこんな感じです。

一部を除いて大体69バーツ~79バーツ程度です。若干高めかもしれませんが、清潔感のある雰囲気の良い店なので仕方ないですかね。

実際に注文したのはメニューの最初に乗ってた『Kao Soy Super Bowl』139バーツです。具財全部のせって感じですかね、量も普通のよりも多いです。

カオソーイ自体は特に珍しいところはなく、カレー風味のスープに揚げ麺とゆで麺が入っているといった感じです。付け合わせのタマネギなどもカオソーイには必ずと言っていいほどついてますよね。

味はココナッツミルクが効いて少し甘めかもしれませんが、すごくおいしかったです。調味料がありますのでお好みに合わせて辛くしたり調整することはできます。

個人的にはここのカオソーイは好きです。外観もおしゃれで雰囲気が良いのでその影響もあるかもしれませんが、すごくおいしかったですね。人気店だと混んでるだけで味はそうでもないってこともあるかと思いますが、そんなことはなかったですよ!

夕方ぐらいに行きましたが、すぐには入れましたので混んでる時間帯を外していってみてはいかがでしょうか?

 

カオソーイ サムーチャイ(Khao Soi Samoe Jai)

こちらは旧市街から北東方面に位置するカオソーイのお店です。旧市街からは少し遠いので徒歩で行くのは大変かと思います。なのでやはり地元の人が多い印象です。バイクを借りている人は問題ないでしょうが、そうでなければソンテウなどを利用したほうが良さそうです。

お昼すぎぐらいに行きましたが、結構にぎわってた印象です。

タイ語メインですがメニューはこちら。カオソーイは40バーツ~50バーツです。かなり安いですね!

注文したのはこちら。カオソーイ40バーツとバナナジュース40バーツです。

カオソーイのスープは濃い目で少し辛いでしょうか。自分は辛いのが平気なのであまり辛さは気になりませんでしたが。おいしいですし安いですのでアクセスさえ良ければコスパは良いですね。少し量は少なめかもしれません。

せっかくなので他にも何か頼んでみようと思い、何だかわからずに頼んでみたのがこれです!

野菜と肉が練りこまれているような料理でした。最初コンビーフみたいな感じかなと思ったんですが、あまりおいしくなかったので料理名もわすれました(笑)

 

外には色々とお菓子が売ってました。

さつまいもの揚げたやつ(20バーツ)買って食べましたがおいしかったですよ。

 

 

フアンペン(Huen Phen)

またもカオソーイですが、こちらも人気店のようですよ。場所は旧市街の真ん中らへん、ラチャマンカー通りという通りにあります。旧市街の中にあるので歩いていけなくはないですね。

この店は昼と夜とで雰囲気も違うようですが、今回行ったのは昼の時間帯です。すごい老舗感があって、めちゃきれいなお店って感じではありませんかね。

メニューはこちらです。ここはカオソーイのお店ではなく、北タイ料理屋ということですが、やはりメインはカオソーイなのでしょう。

なのでやはり注文したのはカオソーイです!これは60バーツの鶏肉のカオソーイ。

これは60バーツ、魚肉のカオソーイです。

量はやはり少なめですかね。どこでカオソーイを頼んでも大体このぐらいが標準の量ですね。

スープは少し濃い目でカレーが濃厚な感じです。そこまで辛くはなかったですかね。ココナッツ風味も少し抑え気味な感じです。味はおしいですよ。60バーツという価格はまぁ普通ぐらいかなという感じです。

また行く機会があればカオソーイ以外の料理も食べてみたいと思います。

 

SPチキン

SPチキンは旧市街の中にある観光名所ワットプラシンのすぐ近くにあるガイヤーンの有名店です。

創業40年以上とのことなので外観は古いのですが、中はそんなに汚いわけでもなく意外と広いんです。

この外で焼いてるのがガイヤーンですね。ガイヤーンとは焼鳥のことをいいますが、どう考えてもおしいそうです!

嬉しいことにメニューは日本語で表記してあるものもあるので大体わかります。全体的に安いですね!

まずはやっぱりここの売りである焼鳥ガイヤーン半分を頼みます!お値段90バーツです。

半分でも結構ボリュームあります!肉厚でジューシー!味がしっかりしててめっちゃおいしいですよ!10バーツのご飯も当然一緒に買います!

続いて豚リブ焼き80バーツ

私はお酒が飲めないのでご飯必須です。これがまずいわけないですよ。ガイヤーンよりもこっちのほうが個人的にはご飯がすすみます!

そして、こちらが多分、豚肉のスパイシーサラダだったと思います。お値段50バーツ

ガイヤーンとスペアリブがおいしすぎてあまり印象に残ってませんが、少し辛めでおいしかったと思います。

ここは旧市街の中にあるので観光ついでに行きやすいですし、マジでおいしいので機会があれば行ってみてください。

 

Tikky Cafe(ティッキーカフェ)

旧市街の中、北西側にあり、一見地味な感じのカフェなのですが、実はとても人気のあるカフェのようです。

外観はすごくきれいな建物という感じではなく、簡易的な屋根があるだけといった感じの店ですが決して清潔感がないわけではなく、どちらかというと植物に囲まれ穏やかな雰囲気があるので居心地の良いまさにチェンマイらしいカフェといった感じです。

入口には市場みたいな感じで色んなフルーツが並んでます。こちらを使ってジュースを作るんでしょうね。

こちらがメニューですが、かなり豊富です。少し多いのですがせっかくなので載せられるだけ載せます!画像が小さくなってしまって申し訳ありません。

麺類やサラダもあります。

スープもあります。

ドリンクも豊富です。

とかなりメニューが多いのですが、その中で実際に注文したのがこちらのシーフードガパオライス60バーツです。めちゃくちゃ安いです。

パタヤでも良く食べましたが、どうやら私はシーフードガパオライスが好きなようです。。シーフードというかイカですかね。メニューの写真の通りでとても見た目もきれいで、イカも写真と同じように結構入ってます!味は言うまでもなくおいしかったですよ。

ドリンクはアイスグリーンティー50バーツを頼みました。暑いので生き返ります。写真とはグラスが違いますが、カフェって感じがしていいですね。

料理名忘れましたが、他にもこんなのや

バナナジュースなども頼んでみました。

メニューが豊富でしかも安い!他の料理も食べてみたいですし是非また行ってみたいです!

ちょっとメニューが多くて画像ばかりの紹介になってしまいましたが、もし訪れる際には、ぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

 

以上になりますが、今回紹介したもの以外にもチェンマイにはたくさんのカオソーイのお店やカフェがありますよ!きっとどこのお店もおいしいのだと思います。目にとまったカフェなどに入るのも楽しいでしょうね。

チェンマイに行った際には観光を楽しみながらおいしい食べ物も楽しんでいただけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です