めっちゃ広い!観光ならチェンマイ動物園はおすすめ!パンダにも会えますよ!

タイ第2の都市ともいわれるチェンマイはバンコクから北に約700kmに位置する北の都です。そんなチェンマイには当然、観光スポットもたくさんあります。

その中から今回は実際に訪れた自然豊かなチェンマイならではの広大な土地にある動物園、チェンマイ動物園についての行き方や料金など紹介したいと思います。

 

チェンマイ動物園

1952年に作られたチェンマイ動物園は約300種類もの動物が飼育されています。

 

アクセス

旧市街から北西に伸びるファイケーオ通りをまっすぐ進み、大型ショッピングモール『MAYA』のある交差点を通り過ぎてさらにしばらく進んだ場所にあります。

旧市街からソンテウで15分程度と近く、バスでも行くことができますので比較的訪れやすいと思います。

バスでチェンマイ動物園に向かう際は紫の路線で、帰りは緑の路線を利用することになります。

もし、ドイステープ寺院まで行きたい場合はチェンマイ動物園までバスで行き、すぐ近くにドイステープ行きのソンテウ乗り場がありますので、そこからソンテウで行くと良いと思います。

他にもバイクをレンタルすれば簡単に行けますのでレンタルバイクもおすすめです。ドイステープ寺院までもそのまま行けますよ!

レンタルバイクについての借り方や相場はこちらを参考にしてください。

チェンマイ観光はレンタルバイクがおすすめ!実際に利用したレンタルショップを紹介!

2019.02.24

チェンマイ動物園は、こちらで紹介したホテルの近くにあります。バス停も近くにありますのでアクセスは抜群ですよ。

チェンマイで実際に自分が泊ってきたホテルをまとめて紹介!①

2018.09.25

 

料金

入園料は150バーツです。残念ながらパンダを見るには別料金で100バーツかかります。他にも水族館などもありますが別料金で結構高いです。

園内はとてつもなく広いので歩いて移動するのはなかな大変です。1周4キロぐらいなので歩けない距離でもないですが、30バーツのシャトルバスがあるので利用するのも良いと思います。ゴルフカートのレンタルもありますが、1時間300バーツぐらいしたのでちょっともったいない感じもします。

車だと40バーツ支払えば園内に乗り入れることができるようなので便利ですが、バイクだとダメみたいなんです。バイクで園内を回れたら最高なんですけどね。

ちなみにバイクは駐車場代として10バーツ取られます。。

 

シャトルバス乗り場

入場するとバス乗り場までしばらく歩いていく事になります。山の中に動物園を作っている感じなので坂道を登っていきます。

途中フラミンゴがお出迎えです。

突然ですが、フラミンゴって飛べるのに何でこんな状態で外に逃げないと思いますか?檻に入っているわけじゃないし、柵も低いですよね?

実はフラミンゴは飛ぶのに助走がいるんですよ。なのでこれじゃ飛びたくても飛べないんです。まぁどうでもいい話ですが。

 

しばらく歩くとシャトルバス乗り場に到着しました。

バスを利用する場合、ここで30バーツ支払ってチケットを買います。

チケット画像

 

パンダハウス

やはりメインはパンダだと思いますので早速パンダを見に行きます。バスに乗ったらすぐに着きました。

ここで100バーツ支払います。別料金なのは残念ですが、パンダが見たいのでね。仕方ありません。

館内に入るとしばらくこのような通路を通りますが、だんだん涼しくなってきました。パンダは暑いのが苦手なので室温調節をしているみたいです。

そして、いました!可愛いですねぇ!

この子はチュアンチュアンという2000年生まれの雄のようです。

最初はすごく近くに来てくれたのですが、15時ぐらいに行ったのでもうお疲れだったのか、その後は全然動いてくれませんでした。

こんな感じでずっとのんびりしています。

仕方ありません。隣にいる2001年生まれの女の子パンダ、リンフィーを見てみましょう。

!!さらにやる気ない。。

しばらく眺めていましたが、時間も16時近くになり今日の仕事は終わったとも言わんばかりに扉の近くでずっと待ってます。

パンダハウスは16時で閉園です。この子らは室内にいるのに何で時間がわかるんでしょうか。

室内には子供のころの写真などが、たくさん貼ってありました。子供のパンダはさらにかわいいですよね。

お土産なんかも売ってます。人がいませんでしたが。

8月末頃に行ったからなのか、ものすごい空いていたのでパンダは見放題です。あまり活動してなかったのが残念ですが、もっと早い時間に行くべきでしたね。

 

他の動物たち

パンダハウスの外にはライオンもいますよ。かっこいいですね。

バスは20分間隔ぐらいで通るとのことだったのですが、全然来ないので歩きながら園内を見て回りました。

これは水族館への入り口ですかね。建物にジョーズが刺さっています。ユニークですね。

何故かわかりませんが、所々に恐竜もいます(笑)

コアラゾーンがありました。明らかにコアラのマーチですね。

コアラは寝てます。動物たちもお疲れなのかもしれませんね。

動物園内は歩くとこんな感じでとにかく広いです。

そして、とにかくいろんな動物がいます。

たまに通りかかったバスに乗ったりしましたが結局ほとんど歩いて回りました。本当広いので、じっくり見ようと思ったら朝から1日かけて回らないと無理ですね。全部は見きれませんでした。

 

まとめ

チェンマイ動物園は旧市街からのアクセスも良く、これだけの規模でこの入園料ですからチェンマイではおすすめの観光スポットといえます。

別料金にはなりますが、日本だと混んでいてじっくり見れないパンダもチェンマイ動物園では比較的空いているのでゆっくり見れますよ。

また、日本の動物園と違い動物との距離が近いので迫力があって楽しいですよね。

迫力と言えばチェンマイ動物園の他にもチェンマイにはタイガーキングダムという大きな大人のトラやライオンと触れ合えるちょっと恐ろしい観光スポットもあります。実際のトラを触ることもできますし写真も撮れるのですごい迫力ですよ!

チェンマイ動物園はドイステープ寺院というチェンマイでは有名な観光スポットの通り道にありますのでチェンマイ観光の際はぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です