2018年IPOの成果は?12月IPOラストは最悪のクリスマスプレゼント…とても後味の悪い結果に。

2018年のIPOは抽選もすべて終わり残すは数銘柄の上場となりました。

私はレオスキャピタルワークスに200株当選しておりましたが、上場延期となりましたのでせっかくの当選は意味のないものになってしまいました。

またこの最悪の地合いの中、IPOは軒並み高い初値が付かず、12月21日上場予定だったポートにいたっては値幅下限でも寄り付かず、初値は3連休明け12月25日に持ち越しとなります。

レオスキャピタルワークスの上場延期によって私の今年のIPOの結果は確定しましたので12月のIPOを含めた2018年のIPOの結果をまとめてみたいと思います。

 

12月IPOの結果

 

まねわーくん
12月のIPO当選銘柄は『ピアラ』、『FUJIジャパン』、『ソフトバンク』、『自律制御システム』、『レオスキャピタルワークス(200株)』の5銘柄だったよ!

 

おのじー
じゃあそれぞれの結果を見ていこうか。

ピアラ(+248,000円)

 

まねわーくん
ピアラは12月最初のIPO!資金をSBI証券にできる限り集めて挑んだIPOが当選して今年ようやく報われた感じがしたね!

 

おのじー
結果は初値で売却して248,000円(+97.25%)の利益。幸先良くIPOに当選できたけど地合いの悪化もあって予想よりも低い初値になったのは残念だったかな。

 

FUJIジャパン(+16,700円)

 

 

まねわーくん
立て続けに当選して12月IPOの出だしは好調!岡三証券から初めての当選をもらったよ!

 

おのじー
結果は初値売却で16,700円(+22.57%)の利益。もともと超小型案件で配分も少なく当たったのは奇跡に近いかなと思うけど、その希少性もむなしく初値はそれほどといったところで少し残念。もちろん当たらないよりは当たった方が良いのだけど、薄いところ引くならS級のIPOを引きたいという気持ちが正直なところだよな(笑)

 

ソフトバンク(-3,700円)

 

 

大和証券、みずほ証券、SBI証券、松井証券で当選。野村證券、マネックス証券、岡三オンライン証券などで補欠当選。

辞退ペナルティーのあるUFJモルガンスタンレー証券、SMBC日興証券では申し込みませんでした。

 

まねわーくん
結局、手数料負けを懸念して手数料のかからない松井証券のNISA枠で100株だけ購入して、他は全部辞退したんだよね。

 

おのじー
結果は公募割れ。。初値売却で3,700円(-2.47%)の損失。当然公募割れの危険性があったけどこんなにあっさり公募割れするとは思っていなかったからソフトバンクには失望したね。NISA枠での購入だから損益通算もできないし更にへこむわ。。

 

まねわーくん
大型IPOは公募割れしないという過去のIPOが守ってきた歴史をあっさりとぶった切ってくれたよね。

 

おのじー
これで今後の大型IPOは公募割れするのが当たり前になってしまうかもしれないよな。IPO投資の良さというかIPO市場をめちゃくちゃにしてくれた感はある。上場ゴールの超高値で売却できたソフトバンクと証券会社は儲かったかもしれないけど、公開価格で買った個人投資家を全員損させた罪は大きいと個人的には思うな。

 

まねわーくん
証券会社は今後のIPOによる利益に影響を与えるから微妙なところかもしれないけどソフトバンクは換金売りとしては1500円で売却できて大成功といった感じなのかもね。公募割れも想定していたとしたら最悪の会社だわ!

 

おのじー
たしかに証券会社にとっては今後のIPOに影響を与えるから目先の利益だけで良しとは言えないわな。実際1,463円の証券会社受入価格で何とか買い支えてたみたいだし-3,700円で逃げれる誠意買いをしただけまだマシか。

 

まねわーくん
でも、このソフトバンク上場をきっかけにIPO市場が悪化したのは間違いないね。

 

自律制御システム研究所(-57,000円)

 

 

まねわーくん
自律制御システム研究所が当選した時は正直嬉しかったし、IPO投資をしている人にとってこの当選の瞬間の喜びは醍醐味だよね。

 

おのじー
ただ結果は大幅な公募割れ。初値で売却して57,000円(-16.76%)の大損失。IPO当選銘柄で初値が付くのはIPO投資の楽しみの一つでもある。ただこれは朝からどれだけ損失が大きくなるかを待つIPOだった。

 

まねわーくん
これは見ていて本当に腹立たしかったよね。当初の予想では公募割れするような銘柄じゃなかったから全力でBB参加したし普通当選したらほとんどの人が購入すると思う。本当に怒りを感じたよ。

 

おのじー
そんなに倍率の低いIPOじゃなかったしここまでの損失は想定していないというか。。これは運がなかったというよりは本当ソフトバンクのせいだろうと思う。投資は自己責任って言われればそれまでだけど、この損失は正直納得できない。

 

レオスキャピタルワークス(上場延期)

 

 

まねわーくん
レオスキャピタルワークスは、みずほ証券と楽天証券から当選したよ!ただ残念ながら12月25日に上場予定だったけど、上場直前に延期になったからこの当選は無かったことになるね。。

 

 

おのじー

正直、BB後に配分が決まって約定した後、上場直前に上場を取りやめるのは最低だと思う。せっかく当選しても資金拘束された挙句、初値売却の利益も失ってしまうのだからぬか喜びもいいとこ。ピアラが上場直前に延期とかになっていたらかなりムカついていたと思う。

とは言いつつも、今は地合いも悪化してソフトバンクのせいでIPO市場も最悪。上場したらおそらく公募割れしていただろうと思う。200株保有していただけにそれなりの損失になっていた可能性が高いし、結果的には損失にならず良かったのかもしれないが。。

 

 

12月IPOについて

 

12月IPOの当選は5銘柄ですが、上場延期があったので実質は4銘柄でした。

当選した4銘柄はすべて初値売却したので利益合計は+204,000円で確定です。

 

まだ12月25日にベルトラ、リンク、そして初日値が付かずに持ち越しになったポートの上場が残っています。

ベルトラ、リンクはおそらく当初の予想よりは大幅に低くはなるでしょうが、初値売却の利益は出るはと思います。

ですが、ポートは初日値幅下限でも寄り付かずに持ち越しになったためかなり下で初値が付きそうです。

ポートは当初からそれほど初値が期待できる銘柄ではありませんでしたので私はSBI証券以外ではBB参加していませんが購入した人もここまでひどいことになるとは想定していなかったと思うのでそれを思うと怒りしかありません。

それこそ上場を延期してもらいたいぐらいです。

 

『12月25日追記』

 

強制的に25日に持ち越しになっていたポートの初値は930円でした。800円台の初値予想になっていたので少し高めに寄り付きましたね。それでも100株で55,000円の損失です。皮肉にも日経平均株価1,000円以上の暴落の中、本日ストップ高で引けてます。

自律制御システム研究所は初値売で57,000円の損失ですから今年一番の損失額でしょうか。結局一番の貧乏くじを引かされた気分です。

 

25日上場だった他の銘柄について

ベルトラは初値514円で12,900円の利益。野村の3枚セットでの当選なら38,700円の利益になったので少し報われたでしょうか。

リンクも予想初値は4,500円なんて言われていましたが、初値は7,620円も付きました。初値売却で404,000円の利益ですのでなかなか良かったですね。

 

2018年IPOの結果(+393,100)

 

まねわーくん
2018年は12月までに『MTG』と『プリントネット』の2銘柄に当選しているよ!

MTG当選

プリントネット当選

 

おのじー
どちらも初値で売却してMTGが125,000円(+21.55%)の利益。プリントネットが64,100円(+45.79%)の利益。12月までに当選が2銘柄だけってのはさみしいけど当たれば利益になるっていうがIPO投資の良いところだよな。

 

IPO投資は無料の宝くじ!元本割れリスクなしで大きなリターン!

2018.07.09

 

まねわーくん
ということで2018年の利益合計は+393,100円だね!

 

おのじー
今年は12月IPOがすごく残念だったけど、来年はこれ以上の利益を出せるように頑張っていこう!

 

 

まねわーくん
IPO当選はたくさんの口座を開設するのが当選のポイント!

1月はIPOが無いから、これからIPO投資をしよう!って人はこの期間に口座開設などを済ませておくと来年からはフルで参戦できるからおすすめだよ!

 

 

IPOに適した証券口座はどこか?最低でも開設しておきたいおすすめの証券口座を紹介!

2018.07.16

証券会社比較まとめ!それぞれのIPO投資証券のルールを把握して効率よく資金配分しよう!

2018.07.17

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です